--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 
2011.05.05 *Thu

【映画】英国王のスピーチ

e0090208_12525957.jpg

アルバート王子としての「演説」体験、最後にジョージ6世としての重要な「演説」体験があり、そのふたつの演説の間において、彼が「話し方」において努力をかさねて、吃音症と向き合い、国民から敬愛される国王として成長していくドラマである。~Wikipediaより~


今更ですが見てきました。
自宅近くの映画館で公開中に行くつもりだったんですよ。
でも3月の下旬は怖くて映画館に近づけなかったのです。
そうこうしている内に、公開が終わってしまってDVDで見るかと思っていたら、自宅近くの別の映画館で公開してまして。
さすがにGW中ということもありまして、結構な込み具合でした。

すごくいい映画でした。
まず、こういう王室の出来事って普通の人にはあまり伝わってこないことじゃないですか。
私の中では、王室の人はみんなお利口ですごい人たちの集まりっていう印象が強いんです。
というのも、私たちが王室の方々を見る機会はすごく少ないし、完璧な姿しか見ていないのでこのような印象を持っていたのだと思います。

しかしこの映画を見て、みんな何かしら悩みがあって何とかして解決したいと思っていることがよくわかりました。
吃音って治るの?って思いましたよ。
治したいけど、どうやって治していいのかわからずに葛藤している姿には心を打たれます。
あと家族の愛もすごく感じました。
どんなときもそばで支えてくれる家族がいるってすごく素敵なことなんだなと。
素敵な家族がいたからこそ、ジョージ6世は急に国王になったり戦争が始まって辛い時も、耐えられたのかなと思ったりしました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



F1

Created by Webpac



ナショナルジオグラフィック



読んだ本たち



グリムス(gremz)



iTunes



リンク

お気に入りのブログを勝手にリンクしています。不都合ある場合はご連絡ください。



義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



プロフィール

ボム

Author:ボム
こんにちわ。ボムです。つっこみ
洋書の多読始めました。
もうすぐ三十路ですが、性格はかなりオヤジ。
めんどくさがりやで飽きっぽいけど頑張ろうと決めました!!
読んだ本を全部とはいきませんが、出来るだけ紹介していきます。

2009.9.1  多読開始
2010.7.26 50万語突破
2011.5.26 100万語突破

~多読3原則~
1.辞書は引かない
2.分からないところは飛ばして進む
3.つまらなくなったら止める


コメントは大歓迎です。お気軽にどうぞ。コメントがつくと、管理人が喜びます。

※当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。



最新記事



最新コメント



カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリ



FC2カウンター



Twitter

たま~に英語でつぶやきます。F1&サッカーネタも多いです。

Twitter < > Reload



検索



素材お借りしてます

素材



Copyright © *洋書のある生活* All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。