This Category : 洋楽・映画・海外ドラマ

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 
2012.02.14 *Tue

【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

poster.jpg
試写会にてちょっぴり早く観てきました。
とーっても気になっていた映画だったので早く見ることができて嬉しかったです。
主人公の男の子の演技がとても上手くて、話にのめりこんでしまいました。



以下、ネタバレです。公開前ですのでご注意ください。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2011.11.26 *Sat

【映画】コンテイジョン

Contagion.jpg

香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に突然亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京でビジネスマンが突然倒れる。なぞのウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。

米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は自体の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは。。。
公式HPより~



先日見に行ったのですが、すごく考えさせられてしまいました。
何を考えたかというと、実際に映画の中のようなことが起こった場合の対応方法ですね。
ウイルスが蔓延して、ワクチンもなくなすすべもない時に自分だったらどうするんだろう?と映画を見ながら真剣に考えました。
今年は、東日本大震災もあってこういうことに敏感になっているせいかもしれないんですけどね。
スーパーから食料がなくなるシーンでは、地震の後1週間くらいのあいだのスーパーを思い出しました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2011.08.04 *Thu

【映画】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

harry-potter-and-the-deathly-hallows-part-2-2011.jpg
ハリーポッター見てきました。
どんな感じに仕上がっているのか期待に胸を膨らませながらいざ出陣(笑)

結論から言いますと、すごくよかったです。
すでに本も読んでいるので、内容は知っているのですが期待以上でした。
ハリーとヴォルデモート(名前を言っていけないあの人)の最終決戦は手に汗を握る、いい決戦でした。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの友情も確認できたし、もう大満足!!
これで終わりかと思うとちょっと寂しいけど、終わり方としては文句なしです。
また最初から見直したくなりました。DVDの全巻BOXなんて見つけたら買ってしまいそうです(汗)

で、映画完結記念?というわけではないのですが、ハリーポッターを読み始めようと思います。
1冊目からの~んびり読もうかな。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2011.05.05 *Thu

【映画】英国王のスピーチ

e0090208_12525957.jpg

アルバート王子としての「演説」体験、最後にジョージ6世としての重要な「演説」体験があり、そのふたつの演説の間において、彼が「話し方」において努力をかさねて、吃音症と向き合い、国民から敬愛される国王として成長していくドラマである。~Wikipediaより~


今更ですが見てきました。
自宅近くの映画館で公開中に行くつもりだったんですよ。
でも3月の下旬は怖くて映画館に近づけなかったのです。
そうこうしている内に、公開が終わってしまってDVDで見るかと思っていたら、自宅近くの別の映画館で公開してまして。
さすがにGW中ということもありまして、結構な込み具合でした。

すごくいい映画でした。
まず、こういう王室の出来事って普通の人にはあまり伝わってこないことじゃないですか。
私の中では、王室の人はみんなお利口ですごい人たちの集まりっていう印象が強いんです。
というのも、私たちが王室の方々を見る機会はすごく少ないし、完璧な姿しか見ていないのでこのような印象を持っていたのだと思います。

しかしこの映画を見て、みんな何かしら悩みがあって何とかして解決したいと思っていることがよくわかりました。
吃音って治るの?って思いましたよ。
治したいけど、どうやって治していいのかわからずに葛藤している姿には心を打たれます。
あと家族の愛もすごく感じました。
どんなときもそばで支えてくれる家族がいるってすごく素敵なことなんだなと。
素敵な家族がいたからこそ、ジョージ6世は急に国王になったり戦争が始まって辛い時も、耐えられたのかなと思ったりしました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 
2011.04.20 *Wed

【DVD】マイ・ブラザー

mybrother.jpg

米軍大尉のサムは正義感溢れる優しい人物で、愛する妻グレースと二人の娘と共に幸せな家庭を築いていた。だが、彼の弟のトミーは対象的な人物で、銀行強盗を犯したため刑務所に収監されていた。そんなある日、サムはアフガニスタンの戦地へ出征しなければならなくなり、一方のトミーは刑務所から出所するのだった。しばらくして、サムが戦死したとの報せがグレースの元に届く。悲しみに暮れるグレースを見たトミーは、彼女らの助けになるよう努力する。そんなトミーの存在がグレースの悲しみを癒していき、トミー自身もグレースと接することで自分が変わっていくのを感じるのだった。だが、そんな彼らの元に、死んだはずのサムが戻ってくる。戦死したという報せは間違いだったのだ。喜ぶトミーとグレースだったが、サムは戦場での体験が原因で、暴力的な人物へと変わっていた。~Wikipediaより~


DVDを借りて見ました。
なんだか本を読み始めても集中できないので、DVDばかり見ています。

トビー・マグワイアにジェイク・ギレンホールにナタリー・ポートマンと豪華な出演者なので期待大でした。
がしかし、内容はとても重たかったです。
アフガニスタンの戦争によって、心に深い傷を負ってしまった軍人。
このような人はたくさんいるんでしょうね。
家族や同僚にも話せない苦しみが伝わってきたような気がします。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

F1

Created by Webpac



ナショナルジオグラフィック



読んだ本たち



グリムス(gremz)



iTunes



リンク

お気に入りのブログを勝手にリンクしています。不都合ある場合はご連絡ください。



義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



プロフィール

ボム

Author:ボム
こんにちわ。ボムです。つっこみ
洋書の多読始めました。
もうすぐ三十路ですが、性格はかなりオヤジ。
めんどくさがりやで飽きっぽいけど頑張ろうと決めました!!
読んだ本を全部とはいきませんが、出来るだけ紹介していきます。

2009.9.1  多読開始
2010.7.26 50万語突破
2011.5.26 100万語突破

~多読3原則~
1.辞書は引かない
2.分からないところは飛ばして進む
3.つまらなくなったら止める


コメントは大歓迎です。お気軽にどうぞ。コメントがつくと、管理人が喜びます。

※当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。



最新記事



最新コメント



カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



FC2カウンター



Twitter

たま~に英語でつぶやきます。F1&サッカーネタも多いです。

Twitter < > Reload



検索



素材お借りしてます

素材



Copyright © *洋書のある生活* All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。